介護用紙おむつ・介護用品の おすすめ商品

介護施設の施設長様 必見!!介護用紙おむつを宅配便でお届けします!

介護施設の利用者様のおむつ購入をお一人お一人に併せてスタッフさんがお買い物に行き、
お一人お一人のご請求事務って結構大変ではないですか!?
ケアサポート・わの「介護施設向け共同購入プラン」でしたら、
ご利用者様一人ずつの納品書・請求書・領収書がお届け商品と同封されて届きますので
ご家族様へのご請求事務なども楽になります。
お買い上げ合計金額が複数名様併せて4,000円(税込)以上であれば、送料無料でお届けします。

詳細はお電話(043-304-0622)でもこちらからメールでもお気軽にご相談下さいませ。

施設様用注文書はこちらからダウンロード

毎日、お使いの介護用紙おむつでお困りのことはありませんか?介護用おむつを1パックからご自宅まで宅配

介護用おむつは・・重いし、大きくて買い物がつらい・・・
介護用おむつは・・買い忘れたら大変、でもつい後まわし・・・
介護用おむつは・・意外と高い・・・
介護用おむつは・・値段が高いから効率的に使いたいは・・・

そんな、介護をされる方の為に・・

●家にいながら、外出先から介護用紙おむつを・・ ご自宅から、会社から、ご親類宅からでも、ご注文いただけます。
●いつでもお手隙のお時間に介護用紙おむつを・・・ インターネットは24時間受付、FAXでのご注文もお気軽に!
●組合せ自由に介護用紙おむつを・・・ メーカー、おむつ、パッドご自由な組合せで、ご自宅に、介護施設にお届けします。
●安くて安心な品揃えにて介護用紙おむつを・・・ 各種メーカー市販用、病院施設向け商品を格安にてご注文お待ちいたしております。

組み合わせのご注文で4,000円(税込)以上であれば、送料無料でお届けします。

ケース購入がお得!おススメおむつケース販売はこちら

大人用・介護用紙おむつのサイズや選び方

大人用・介護用おむつと一言でいっても、パンツタイプ・テープタイプ・フラットタイプ・パッドタイプ・シートタイプと分かれており、そのタイプ毎にも夜用、昼用、うす型など様々な用途タイプがあります。
これからおむつを購入しようとお考えの方に基本的な知識やサイズ感や選び方のポイントなどをお伝えします。

大人用・介護用おむつの種類

おむつには大きく3つの種類があります。

  1. パンツタイプ
  2. パッドタイプ
  3. テープタイプ

おむつご利用者様の排泄の自立度合いによって選ぶおむつのタイプは変わってきます。

パンツタイプおむつの特徴

パンツタイプパンツタイプのおむつは、一人で歩いてトイレに行ける方や、介助があれば歩いてトイレに行ける方に適しております。
パンツサイズを選ぶ時のポイントは、パンツタイプはゴムの伸縮によってフィットさせているため調節が出来ません。
装着した時に楽という点から大きめのサイズを選ばれる方が多いですが、足まわりのフィット感を重視して選んでいただくと横漏れ防止などにつながります。

パンツタイプ一覧はこちらから

パッドタイプおむつの特徴

パッドタイプのおむつも、パンツタイプのおむつ同様、一人で歩いてトイレに行ける方や、介助があれば歩いてトイレに行ける方に適しております。
パッドタイプは、パンツタイプと併用して利用する事で快適で経済的になります。
例えば、外出時などにパンツタイプとパッドタイプを併用して利用しておけば、パッドが濡れた際には、パッドのみの交換で済みますが、パンツタイプのみの場合は、履き替えが必要になりますので、パンツタイプとパッドタイプの併用はかなり便利です。パッドタイプはパンツタイプに比べてコンパクトですので、外出時のお荷物も少なくすみます。
お腹まわりがあり、足まわりが細い方は、お腹まわりにサイズを合わせるため、どうしても足まわりにすき間が出てきてしまいますが、補助的に尿取りパッドをあてる安心感が増します。
パンツタイプのみの使用の場合、交換する分、おむつが必要になりますが、パッドタイプと併用することで、パッドの交換だけで済みますので経済的です。(※パッドタイプの方がパンツタイプに比べて1枚あたりのお値段が安いので)使用後のゴミの量もパンツタイプに比べてパッドタイプの方が少なくすみます。

パッドタイプ一覧はこちらから

テープタイプおむつの特徴

テープタイプ
テープタイプのおむつは、横になった状態で交換するタイプのおむつのため、寝て過ごす時間が長い方、寝たきりの方に適しております。
おむつサイズを選ぶ時のポイントは、各製品ヒップサイズを表記しておりますので、ご利用者様の体型に合わせてお選び下さい。
装着した時に楽という点から大きめサイズを選ばれる方が多いですが、大きすぎるサイズは漏れの原因となります。
お腹まわり、足まわりが指1本分くらいのゆとりがある状態で止めてみて、様子をみながら調整していってください。
座った状態の時にきつくないか、お腹まわり、足まわりが赤くなってたりしないかなど確認しながら調整していってください。

テープタイプ一覧はこちらから
以上、それぞれのタイプの特徴を参考にし、ご利用者様の自立度合いと体型など考慮し、お選びいただければと思います。
どれを選んだら分からないなどございましたら、当社までお気軽にご相談下さいませ。

PAGE TOP
MENU